お待ちください...
お待ちください...

画像編集

Capture Oneは画質と使いやすさを念頭に開発されました。あらゆるツールは、編集プロセス、すなわちRAWファイルからのすべての情報の保存、回復、最適化からなるあらゆる面をあなたが徹底してコントロールするように設計されています。一連のツール一式は、常に完全な結果を成し遂げるための広範囲な可能性を提供しています。

露出、コントラストおよび彩度

知的に設計されたツールで基本的な画像編集を行います。コントラスト調節は彩度と色の変化を保護し、明るさ調整はハイライトを保護し、彩度は色のバーニングアウトを保護します。

ハイダイナミックレンジ

ハイダイナミックレンジツールを使用し、コントラストとトーンを完全に制御します。すべて1つのツールで、ハイライトを復元したり、シャドウをさらに暗くしたり、ブラックをより暗くしたり、写真の最も明るい部分をより明るくしたりできます。 –

カーブおよびレベル

標準的な水平面ツール、RGBカーブおよび個々のチャネルカーブ (赤、緑および青) に加えて、Capture Oneは、色合いと彩度に影響を及ぼすことなく光度を効果的に制御するLuma Curveを特徴としています。

明瞭度およびストラクチャ

シャドーとハイライトの詳細を保存する一方、画像の影響度を強化するために明瞭度およびストラクチャを加えます。明瞭度の方法4種類をさまざまな使用シナリオに利用できます。ストラクチャを使用して追加定義を詳細部分に加えます。

フィルムカーブ

基本特性のカーブはすべてのピクセルの基本トーンマッピングを示し、RAWファイルの最初の「見栄え」を効果的に管理します。標準的なカーブ以外にも他のカーブが利用でき、画像管理に付加的なオプションを提供します。

Stylesおよびプリセット

お気に入りのビジュアルスタイルを画像に適用します。視覚調整の事前デザインの範囲は、Stylesおよびプリセットを用いて2〜3回のクリックで適用できます。内蔵型パックから選択、ご自身のものを作成、または他の写真家からのサードパーティのスタイルをインストールします。また、多数追加されたCapture One Stylesパックから選択することもできます。

画像編集チュートリアルを見ます

レイヤー

正確な局所調整のためには、Capture One Proの大部分のツールはレイヤーに適用可能であり、あらゆる画像の管理を向上させます。最高16枚のレイヤーを適用して、正確なマスキングのためにさまざまなブラシオプションを使用します。それぞれのレイヤーの不透過率を変えることによって、局所調整の影響を管理します。

ラジアル グラデーション

ラジアル マスクを使用すると、ソフトエッジで丸いマスクを簡単かつ迅速に作成できます。カスタムビネットを使って、創造的な効果を使用し、焦点をはっきりさせることができます。

線形グラデーション

グラデーション マスクを使用し、編集の精度を高めます。数回のクリックとキーストロークでマスクのサイズ、形状、対称性を調整し、それらを使用して、レイヤーのスムーズなグラデーションや空へのスムーズなトランジションを作成したり、その他さまざまなことができます。

ルミノシティマスク

これまでにないマスクを作成します。ルミノシティマスクを使用すると、選択した輝度範囲への調整を絞り込むことができます。たとえば、これを使ってハイダイナミックレンジ - シャドウを最も暗いシャドウのみに集中させたり、– 画像の最も明るい部分のみを鮮明にしたりできます。

ヒーリングおよびクローニング

画像から不要な要素を削除する必要がありますか?レイヤーを使用して新規レイヤーを追加することで、画像を修復または複製します。Heal Layerは標的面積の環境と混ざる一方、Clone Layerで特に標的領域にソース領域を複製します。

フェザー マスクおよびリファイン マスク

ドローイング後にマスクのエッジをぼかすのは、フェザーマスク機能で単純化されています。エッジをフェザーで覆うためには単純にスライダーをドラッグすることによってマスクの再ドローイングを回避します。エッジ微調整は、マスクにより正確なエッジを作成します。多くの用途できれいで調節可能なマスクを作成し、例えば背景に対して毛髪を引き立たせます。精密な仕上がりには改良されたオートマスク機能を使います。

グレースケール マスク

グレースケールに切り替えることによって、画像の妨げなしにマスクを視覚化します。マスクのない領域が簡単に見つかり、修正できます。
レイヤー編集チュートリアルを見ます

画像の整理

アセットマネージメントは、あらゆる写真家にとって重要であり、日々の個々の作業、または何千もの画像を含む大規模なコレクションを管理します。Capture Oneはあらゆるタイプの写真家に対してツールと解決策を提供し、アセットマネージメントを単純化、迅速化および効果的にします。

カタログおよびセッション

小さな日々の仕事や大規模な画像コレクションを管理したい、もしくはスタンドアローン画像編集ツールが必要かどうかに関係なく、Capture Oneにはあなたの仕事方法に適した強力なワークフローがあります。セッションは、大部分の日々の仕事のため、カタログは、大規模な画像コレクションのために設計されており、Capture Oneをスタンドアローン画像編集ツールとしても使用できます。

プロセスレシピ

現像プロセスをスピードアップしましょう。現像レシピを使用して、複数のフォーマットとサイズを一度にエクスポートします。つまり、オールインワンのエクスポートでWeb、Instagram向けに画像を準備したり、印刷したりできます。エクスポートのオプションでは、クロップを無視したり、アウトプットを際立たせたり、メタデータを削除したり、ウォーターマークを追加したりするなど、さらに沢山のことができます。–

選択、評価、選別

セッションまたはカタログ内で画像の評価、カラータグ付け、整理ツールを使用して、画像を効率的にソートしましょう。さらに、“次へスイッチ”を有効にして、評価やタグを入れる際に自動的に次の写真に切り替えるようにすると、大きなプロジェクトを分類する際に時間を大幅に節約できます。

フィルターおよびスマートアルバム

効率を最大限に高める広範な基準によって、全体的に画像をフィルターに通すか、スマートアルバムとしてフィィルターを保存します。現在のコレクション内で50mmのレンズを用いた、すべての5つ星付、カラータグ付、ポートレイト指向のイメージショットを発見することは、これまで容易ではありませんでした。

キーワードおよびキーワード一覧

1クリックで複数の画像からキーワードを追加および削除します。複数のキーワードライブラリを作成して、容易にさまざまな一覧表を管理して、あなたのアセット・マネージメント・ワークフローの統合化部分をキーワード化します。

PSDラウンドトリップサポート

Capture Oneは、レイヤーPSDファイルの読み込みを完全にサポートし、画像編集ワークフローの管理を提供しているPhotoshopとの併用が可能になっています。

Capture Oneへの切り替え

Capture Oneでは、他のサードパーティアプリケーションカタログのインポートが可能になり、移行がこれまでより容易になり、あなたの画像のフォルダ構造と大部分の調整を維持します。

アセット・マネージメント・チュートリアルを見る

ワークフローおよび性能

カスタマイズ可能なツールおよびキーボード・ショートカットからグラフィックスおよび瞬時のテザードキャプチャーまで、Capture Oneは作業負荷を最小限に抑え、効率を最大にするために作成されています。あなた自身のワークスペースを設計して、Capture Oneで作業するご自身の方法を見つけてください。

テザーキャプチャー

Capture Oneの業界をリードするテザーキャプチャーは、スピードと精度が重要な写真撮影セッションに対して迅速で融通が利き、信頼性が高いものです。ほぼ瞬時の視認経験に対して、ご自身のコンピュータに直接撮影画像を送ります。これは、即時補正の有無には関係ありません。静物の写真を撮るときには、構成が容易なライブビューが可能です。

ワークスペース

ワークフローツールに合わせてワークスペースをカスタマイズして、– ビューアー、サムネイル、アイコンを非表示にしたり、移動したり、サイズを変更することで、作業の高速化を可能にします。さらに、このインターフェイスは、すべてのツールにできるだけ簡単にアクセスできるように設計されています – すぐにアクセスできるよう、お気に入りのツールを上部に固定したり、ツールを下へスクロールしたりします。

トークン

ウォーターマーキングなどのネーミング、目的地および他の入力項目のためのテキスト領域は、 ‘トークン’を使用するオプションを提供します。静的な手書きテキストの代わりに、トークンは動的で、結びつく情報によって変化します。例えば、‘ISO-トークン’ はインプットとして個々の画像のISO値を使用します。これにより、それぞれの画像に適合するために自動的に変更するダイナミックな情報で、容易にフォルダを作製し、画像の名称を変更し、ウォーターマークを追加でき、ワークフローを大きく向上させます。

キーボードショートカット

キーボードショートカットの豊富なライブラリで編集と整理を高速化し、– さらにショートカットをカスタマイズし、理想的なワークフローを生み出せます。

注釈

画像に直接手書きの注釈およびドローイングを加えることによってCapture Oneで画像に注釈をつけます。これを使用して、その瞬間に目についたものを記憶したり、レタッチャーで共有するメモを作成したり、後で自分が使うリマインダーとして書き留めたりできます。
理想的な柔軟性のための別のレイヤーとして、エクスポートされたPSDファイルに注釈を含めます。

コピー調整

バッチで作業するときには、1つの画像から他の画像に調整をコピーすることによって時間を節約します。すべての調整、一つのツールからの調整または調整クリップボードからの特定のツールをコピーします。

グラフィックス高速化

グラフィックス高速化 (OpenCL) は、グラフィックスカード (GPU) の力を利用して、編集時によりスムーズな作業を、画像処理時にさらに高い性能を提供します。最初から最後まであなたのワークフローを高速化します。

ワークフローチュートリアルを見ます

カラーコントロール

Capture Oneは非常に優れた色彩処理で知られています。当社のカスタムメイドカメラのプロファイリングにより、すべてのRAWファイルはカメラから一直線の輝きを放ちます。あなたが創造的なカラーグレーディングツールを探しているか、画像に自然な色を確保したいかどうかに関係なく、Capture Oneはあなたのビジョンを達成するための 強力かつ高精度な ツールを提供します。

ベーシックカラーエディター

コンパクトで直感的なベーシックカラーエディターを使用し、カラーをすばやく編集します。写真の任意の場所をクリックしてドラッグすると、色相、彩度、明るさを調整したり、– シンプルなスライダーでカラーを調整したりできます。

高度なカラーエディター

高度なカラーエディターでカラーを完全に制御できます。カラーの範囲を定義し、完璧な精度で色相、彩度、明るさを調整します。

カメラから直接

すべての主要カメラブランドのカスタムメイドのカラープロファイルにより、カメラから直接、比類のないカラー精度が得られ、すべてのRAWファイルをさらに調整できる究極の基礎を築きます。

カラーバランスツール

直感的なカラーバランスツールにより、カラーグレーディングが正確かつ容易になり、シャドウ、ミッドトーン、ハイライトの色相と明度を個別に調整できるようになります。

スキントーンの編集

– 色相、彩度、明るさの3つの均一スライダーで、複雑なカラーレタッチさえ必要とせずに、スキントーンを均一に調整します。これらを最大に調整するための局所調整として適用します。

モノクロ

Capture Oneのブラック&ホワイトツールを使用すると、変換プロセスを完全に創造的に制御しつつ、入り込むノイズ量を最小限に抑え、滑らかな結果を得ることができます。

カラー編集チュートリアルを見ます

詳細およびレンズプロファイル

ドライビングファクターとしての画質で、Capture OneはあらゆるRAWファイルの画質を最大限に引き出すように開発され、可能な限り高水準なディテールを提供します。対応する各レンズは、カスタムメイドのレンズプロファイルに適合し、ディストーションや光量落ちを最小限に抑える高精度ツールを提供します。

シャープニング

豊富なシャープニングツールは、アマウントからハローサプレッションまでのすべてを管理をし、プロセスの完全な管理を提供します。プロセスレシピへのシャープニング次第で追加使用すれば、例えばスクリーンまたはプリント出力で、画像の大きさに関わらず最高の画質になります。

ノイズ除去

Capture Oneの強力なノイズ除去機能はカメラのモデルとISOの両方に依存しつつも、可能な限りクリーンな結果が得られます。高ISOで撮影する際に、これまでにないカラーとディテールを維持し、微調整前でも、より高品質の画像で編集を開始でき
ます。–

出力校正

大型印刷用に画像を処理することは、ソーシャルメディア用に画像を処理することとは非常に異なります。Capture Oneは、1クリックで簡単に希望出力を達成するために、さまざまなセットアップを保存する独立したプロセスレシピを可能にします。それぞれのレシピでは、他の設定中ではさまざまな画像サイズ、品質、ICCプロファイルおよびシャープニングができます。出力校正では、画像を最初に加工しなくても、それぞれのレシピの最終画像をすぐに見ることができます。これにより、試行錯誤せずに、より簡単にそれぞれのレシピの微調整を完成させます。

シミュレーションされたフィルムグレイン

6種類のグレインのいずれかを選び、フィルムグレインを画像に加えることによって、アナログの感触をシミュレーションします。最終的な見栄えを最大に調整するためにインパクトと粒度を変更します。

モアレ

モアレの原因となる難しいパターンの管理も単純かつ容易に行えます。最大に調整するための局所調整として適用します。

レンズ修正

Capture Oneの豊富なレンズプロファイルのライブラリまたはメーカーのプロファイルから即時に歪み、色収差、光およびシャープネスの低下を修正します。

キーストーン

キーストーンを使用して、垂直線、水平線または双方ともに真っすぐにします。スクリーン上のキーストンツールは、使用プロセスを容易にしています。
すべてのチュートリアルを見ます