お待ちください...
お待ちください...

Capture One Enterprise

企業のスタジオ向けの写真制作プラットフォーム

Capture One Enterprise

今すぐ購入する

Capture One Enterpriseとは?

Capture One Enterpriseは、大量の写真を制作するスタジオの効率を高めるように設計されています。ビジネスに合わせて調整できる拡張ツールボックスと自動化ソリューションとともに、Capture One Proのパワフルなイメージングのメリットを活用してください。

Capture One Enterprise - ビジネス向け

コストと市場投入までの時間を短縮

Capture One Enterpriseは、コストと時間のかかる手動プロセスを自動化し、制作品をより早く市場に投入し、画像あたりのコストを大幅に削減します。カスタマイズされたワークスペース、自動化されたメタデータ入力でワークフローの効率を高め、撮影中にバーコードスキャナーを接続して自動的にアセットに名前を付けます。

返品を減らしてリスクを下げる

定番のeコマースカメラの正確なカラープロファイリングにより、Capture One Enterpriseは色の相違を最小限に抑え、レタッチコストを削減し、写真の返品を減らします。さらに、キャプチャした画像を別のドライブに自動的に複製するNext Capture Backupを活用し、画像アセットを失うリスクを取り除きます。

ビジネス向け

Capture One Enterpriseは、すぐに実装して使用し、ビジネスニーズに合わせてカスタマイズできます。新しいスクリプトのサポート(Macユーザー)により、カスタムワークフローの強化、さらに合理化されたデータ入力およびアプリケーション間の通信が可能になり、ビジネスの機能の仕方に合わせて調整されます。

必須ツール

Capture One Enterpriseの機能ハイライト

ネイティブ・バーコードスキャナー

統合されたバーコードスキャナーツールにより、キャプチャ時につけられるアセット名で正しく識別できるため、膨大な時間と時間のかかるデータ入力が大幅に削減されます。Macユーザーは、スキャンワークフローをさらに強化するためにアクションをスクリプト化することができます。

グリッド、ガイド、そしてオーバーレイ

生産性を高めるためのガイドとグリッドをプリセットとして作成します。PSDとしてエクスポートされたときにPhotoshopで使用するために、ガイドを処理履歴ファイルで転送できるようになりました。Capture Pilotアプリは、グリッド、ガイド、オーバーレイも統合するようになりました。

Next Capture Metadata

Next Capture Metadataツールを使用して、手動のデータ入力エラーを減らし、制作時間を短縮します。テザー撮影時に関連するメタデータが各画像に自動的に適用され、写真が最初から正しく分類されるようにします。

ワークスペースロック

ワークフローのニーズに合わせてユニークなエンタープライズワークスペースオプションをロックできるようになり、変更を防ぐととも、安定した作業を実現し、一貫性のある効率的なワークフローを可能にします。

Capture One Enterpriseプラン

ユーザーが1~15人のチームの場合、Capture One Enterpriseの12か月プリペイドまたは月額サブスクリプションを購入できます。すぐに使用する準備ができました。

15人以上のユーザーがいるスタジオの場合は、ページの下部にあるフォームに記入していただければ、専門スタッフチームがカスタムソリューションについてご連絡差し上げます。

すでにマルチユーザーライセンスをお持ちの方は、エンタープライズサブスクリプションにアップグレードすることも可能です。ページの下部にあるフォームに記入してください。アップグレード方法をご案内いたします。

Capture One Enterpriseを購入する

 

ドロップダウンでユーザー数を選択してください

 

ドロップダウンでユーザー数を選択してください

最新のホワイトペーパーとケーススタディをダウンロード

制作数の少ない小規模のチームですか?Capture One Proマルチユーザーライセンスを代わりに入手してください。